【期間限定10円!】君を抱くのは仕事だから~雇い主は変態小説家 2巻

⇒君を抱くのは仕事だから

【期間限定】2018/2/6 0:00まで
通常価格:100pt/100円(税抜)→価格:10pt/10円(税抜)

 

「君の一番大事な仕事は 俺とセックスすることだ」

この仕事を拒否した、鈴。

「…嫌なら無理強いしない。じゃあ試用期間ってことで、とりあえず事務だけでいいよ」

でも、先生が事務仕事を誉めてくれると、「特別」なんじゃないかと舞い上がり

体を許すことに…

初めてのときの先生は、すごく、優しくて

幸せを実感してしまい

でも先生は終わった後すぐ、執筆に入る…

バカな私

最初から先生はコレが「私の仕事」だって言ってたのに

セクシー女優が訪ねてくると、

「モデル並みの美形で女を切らしたことがない」

「セックスに関しては百戦錬磨」で有名な先生。

きっとこの女優さんも先生に…

と思っているところに、セクシー女優さん帰っちゃいます。

この後、先生はでかける、君も一緒に、と。

なぜ鈴も一緒に?

鈴の服を買いにいく、と。地味で3パターンしか服を着回ししていない鈴を見かねて、のこと。

「俺が選ぶ」と

鈴の服をコーディネート。下着まで…全部。

履きなれない靴で困っている鈴に、腕を貸す先生。

他に行きたいところは?と聞かれ、鈴はとっさに「本屋さん」。

佐々木京介の本を探しますが、やはりありません。

「ごめんね、佐々木京介違いでー」

鈴は「九鬼先生の作品も読みたいです」と購入を伝えますが

九鬼は拒否。決して読むな、と言います。

先生のこと、もっと知りたいという鈴に対し、九鬼は

「ダメだ。俺のことなんて知ろうとしなくていい。自分の趣味嗜好を知られた女を抱くのはつまらん」

一人の人間として私と向き合う気はないんだ

ただ官能小説の製作のために 私みたいな自分のことをよく知らない女と

セックスすることが必要なんだ

⇒君を抱くのは仕事だから

帰ってくるなり

いきなり鈴を求める、九鬼。

鈴は抵抗します…

「せっかく先生に買って貰ったのに…っ 汚したくないです」

ぞくっとする、九鬼。

「ばかだなー鈴は。俺の手で汚してやるために買ってやったんだ」

「いいから脚を開きなさいー鈴」

それでも抵抗する、鈴。

「仕方のない子だな 鈴は。

身体に教えてやらないとわからないんだな」

「服を汚したくないなら 俺に向かって脚を開きなさい」

抵抗をやめて素直に従う、鈴。

激しく突く九鬼の動きに

きもちいいっ先生っ先生…

ごめん なさい 先生

翌朝、鈴は置手紙を置いて、九鬼の事務所を出ていきます…

⇒君を抱くのは仕事だから

【期間限定】2018/2/6 0:00まで
通常価格:100pt/100円(税抜)→価格:10pt/10円(税抜)

 

コミックシーモアでは、月会費300円から漫画が読めますよ~

このマンガは、期間限定で10円で読めます!!!4巻まで10円!!!

ぜひこの機会に手にしてください!!!

スマホでこっそり読むのがおススメです♡