「子供を殺してください」という親たち 1巻 あらすじ紹介 無料試し読み

⇒「子供を殺してください」という親たち

 

こんにちわ(^^♪

漫画大好き主婦、アラサーのまりです。

 

衝撃的なタイトルにビビりましたが、

子供をもつ親として、試し読みから読んでみたのですが…

涙が出ました…

 

画像クリック☟して無料試し読み

「子供を殺してください」で検索すると出ます。

⇒「子どもを殺してください」という親たち

 

正直に言うと

悲しくてやりきれない気持ちになります。

 

自分は子どもたちにどう接していて

子どもたちはどう受け止めているのか…

 

考えずにいられませんでした。

 

なぜかというと

この漫画に描かれていることは、

 

事実だからです。

 

「トキワ精神保健事務所」の創業者、

押川剛氏の体験した実話をもとに描かれています。

 

画像クリック☟して無料試し読み

「子供を殺してください」で検索すると出ます。

⇒「子どもを殺してください」という親たち

 

 

原作 押川剛

漫画 鈴木マサカズ

 

 

押川氏は「説得」による精神障害者移送サービス

日本で初めて実施しました。

 

無理やり強制して移送するやり方ではない、

あくまで「説得」の方法を取り入れています。

 

漫画でも、その「説得」が描かれていますが、

優しく、厳しく接しています。

 

そして、患者を取り巻く環境、家庭…

どこにでもあるような日常に、

こんなにも暗い悲しい出来事があるなんて…

 

すごく考えさせられます。

 

子育てに正解も不正解もなくて、

ただただ一生懸命

「子どものため」と思ってやってることが

 

実は子どもを苦しめているのかもしれない……

 

愛してやまない子どもたち。

なのに、親は子どもたちのこと、わかっているのかな?

 

読んでいてつらくなるかもしれませんが、悲しくなるかもしれませんが、

一度は読んでほしいマンガです。

 

画像クリック☟して無料試し読み

「子供を殺してください」で検索すると出ます。

⇒「子どもを殺してください」という親たち